会長挨拶

老人クラブに入って第二の人生を楽しく過ごしてほしいです。

緑区老人クラブ連合会

「人生五十年」

これは私たちが子供の頃に耳にした言葉ですが、長寿社会になった現在は、人生九十年とも言われるようになりました。

とかく高齢者は家に閉じこもりがちになるようです。そのようになったら必ず老人クラブの扉を叩いてください。

老人クラブには、趣味の会、スポーツの会、旅行の会等々あります。自分に適した行事が選択できます。

外出する機会が多くなり、生活に張り合いが出ます。何と言っても仲間が多くできるので生きることが楽しくなります。

戸外にでることで太陽を浴びる。
健康維持には太陽をあびることが一番とか。

「案ずるより産むが易し」のことわざどおり、飛び込んでみれば仲間は直ぐに寄ってきます。

自分のお近くに住むクラブ会員に声を掛けてみてください。
きっと親切に説明してくれるはずです。

家の中から一歩外に出ることから新しい老後の人生が始まります。

緑区老人クラブはそのような新しい仲間を待っています。

緑区老人クラブ連合会
会長 中野 喜久一